--.--.-- --:-- | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2012.04.02 11:40 | EDIT
David Marrの視覚理論(Vision)より

人間の情報処理には”3つのレベル”での理解が必要と解いています.


1.Computational Theory (計算理論)

What is the goal of the computation, why is it appropriate, and what is the logic of the strategy by which it can be carried out?
(何が計算の目的か,なぜ計算が適切であるか.また実行可能な戦略的理論を探る.)


2.Representation and Algorithm (表現とアルゴリズム)

How can this computational theory be implemented? In particular, what is the representation for the input and output, and what is the algorithm for the transformation?
(どのように計算理論が実装されるか.特に,入出力の表現方法や変換のアルゴリズム.)


3.Hardware Implementation (機械実装)

How can the representation and algorithm be realized physically?
(表現方法とアルゴリズムの物理的な実現方法)


[参考文献]

- Marr D. (1982). "Vision. A Computational Investigation into the Human Representation and Processing of Visual Information. W.H. Freeman and Company.

スポンサーサイト
コメント:
コメント:を投稿する

トラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。