2011.11.28 08:50 | EDIT
ツイッター@HirokatuKataokaから自分の試している「ノートの使い方」です.

僕は,「ノートに書く→見直す→ノートのテーマについて考えメモする→それをまた見直す」 の繰り返しで覚えています.

この一つ一つについて,

- ノートに書く
 ニュースや専門書を見ながら書いています.コンピュータサイエンス,数学,心理学,その他何でも興味のある項目はチェックして書いています.朝には知識を習得する時間を作り,ニュースを読みながら書いたりも.「いつでもどこでもメモする習慣をつけろ」っていう先生もいるくらい,この作業は大事だと聞きます.

- 見直す
 見直す時間は夜と起きてすぐや,一人でいる時間です.ノートに書くということは,「見直す」という行為が伴ってさらなる効果を生み出すものだと気付きました.さらに,自分の専門分野だけでなく,他分野のニュースや専門書を読んだときにメモして繰り返して見ていると,さらに専門分野と結びつきやすくなると思います.

- ノートのテーマについて考えメモする→それをまた見直す
 移動の直前でもノートに書いたテーマを一つ決め,歩きながら・電車に乗りながらその1~2個のテーマについて考えると,アイディアが思い浮かぶこともあります.この数ヶ月これで幾つかのアイディアが出てきました.テーマ+周囲のモノ,五感を使って?考えるという行為が効果的と思います.それをさらにメモして見直す事で,繰り返し繰り返し知識を記憶し,自分の成長とともにアイディアを拡張していくのがいいと思います.

- プラスα
 それから,思い浮かぶこととしては,ノートの項目を使ってさらにアウトプットすることだと思います.ブログでも資料にまとめるでも良いですが,誰かと話すことでアイディアや知識が会話の中で動的に何かと結びついたり,拡張されたりして,面白くなったという経験も.


ノートに書いてアイディアを溜めていたと言う話は,今まで多くの人が実践してきたことです.

偉人の中にも,

Thomas Alva Edison(トーマス・アルバ・エジソン)が,生涯に約3,500冊のノートを残した

という話があります.

エジソンは84歳で生涯を終え,約30,660日(84年計算)生きていたと単純に考えても,

10日/冊 以上のペースで書き上げていたと言えます.

その努力と膨大な蓄積が彼を”発明王”と言わしめたのだと考えられます.


僕は声に出すよりも,とにかく書いて覚えていたので,

書いて書いて書きまくって,何かを得るという方法が僕には合っていると思います.

スポンサーサイト
コメント:
コメント:を投稿する

トラックバック: