バックナンバー

--.--.-- --:-- | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2013.03.02 15:24 | EDIT
今朝起きたら,CVPR2013の結果が届いていました.

今月初旬には分かっていたのですが,結果は"Weakly Reject"でした.

CVPRでは7段階の査読があり,採録3段階,ボーダー,不採録三段階でした.

前に同じ研究グループの後輩が出したときにはDefinitely Reject(一番下の不採録)で,今回はWeakly Reject(一番上の不採録)だったので,二段階進んで確実に採録に向けて進んでいることになります.
ただ,不採録は不採録です.

査読者のコメントをまとめておくと,

- 従来手法のサーベイや実験での比較が足りない:最新の手法と比較し,提案手法が的確かどうかを検証する.実験が適切に行われていないといくら良いアイディアでも評価は高くならない.さらに,その分野において最高性能を誇る手法を提案した研究者が査読者として論文を見ていることも十分に考えられるのでサーベイも重要課題.

- 提案手法の新規性や有用性が際立っていない:提案手法のどこに焦点をあてて欲しいのかをはっきりさせる.これができていないとダメ,だそうです.自分がはっきり書いたつもりでも,査読者から見ると甘かったりするので,これはトップ会議に通った論文を何本か見てみるといいかもしれません.自分もまだまだ甘いようです...


そして,三人の査読者共に,この視点で直すように書かれていました.
トップ会議の査読者は,ほぼ例外なく第一線で活躍する研究者なので多少の善し悪しはあるものの,査読の正確性や公平性も保っているのだと思いました.

ここで通す事ができたら間違いなくトップの研究になっているということなので,何度でも挑戦し続けたいです.

CVPRへの投稿は今回が初めてで,不採録という結果になりましたが,トップ会議に投稿するという経験や論文の書き方みたいなのがわずかながらつかめた気がするので,次に投稿するときには「研究の提案」と「実験の信憑性」について重点的に気を使います.


スポンサーサイト
 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。