バックナンバー

[ --.--.-- ] スポンサーサイト

[ 2012.09.30 ] 多読の効果?

[ 2012.09.07 ] Reality Mining

[ 2012.09.07 ] MacにOpenCV(2.4.2)を入れてXCodeで使いました

--.--.-- --:-- | EDIT
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category: スポンサー広告
Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑
2012.09.30 18:35 | EDIT
最近,頭の回転が落ちてきているなー,と思ったら,全然読書をしていないことに気付いた.

頭の回転が落ちていると感じたのは,他人の研究発表を聴いても記事を読んでも以前よりも理解するのに時間がかかるし,全然覚えていないことが多くなった.

今と前とでは何が違うかなー,と思ったら読書を全然していないことに気付きました!

再度読書を始めたら,読む速度がかなり落ちていることに気付きました.

これでは理解力や知識が落ちている,と言えるでしょう.

またここから読書を続けていきたいと思います.


[参考]
- 多読のコツ〜読書好きになる方法〜
スポンサーサイト
2012.09.07 17:13 | EDIT
Reality Miningという研究プロジェクトが,MITのメディアラボにあるようです.

現在ではアクティブな状態にはないようですが,興味深いと思ったので紹介だけ致します.

Reablity Miningのプロジェクトでは,携帯電話で取得されたデータを人物の行動のモデリングや予測に役立てようという研究です.

テキストや場所などの情報を取り入れ,マイニングを通して有益な情報を取り出してサービスに役立てようとする試みですね.

研究グループを見てみると,

- データセットの作成
- 行動のモデリングと予測
- 人間関係の予測
- ソーシャルセレンディピティ(新しい情報の発見?)
など

といったテーマが動いています.

ページを覗いてみるとデータも配布しているみたいですね.


[参考ページ]
MIT Media Lab: Reality Mining

2012.09.07 16:59 | EDIT
OpenCVがずいぶん新しくなっているので,MacのOpenCVを更新しました.

OpenCVのインストールページから最新版をインストールして,Macに取り込みます.

そして,Terminalからインストールしたフォルダに移動し,

sudo port install cmake
cd OpenCV-2.4.2
mkdir build
cd build
cmake ../
cmake .
make
make install

のコマンドを順番に実行するとインストール出来る(はず)です!
(MacPortsは必要です)


次にXCodeでプロジェクトを作成します.
[Project]の[Edit Project Setting]を開き,Buildの設定で
[Header Search Paths]に「/opt/local/include」を,
[Library Search Paths]に「/opt/local/lib」と記述します.

さらに,必要なライブラリファイルを追加します.

ここでは,[Group & Files]の[作成したプロジェクト名]右クリックし,[Add][Existing Files...]からライブラリファイルを追加します.

最低限必要なファイルとして,ここでは

libopencv_core.2.4.2.dylib
libopencv_highgui.2.4.2.dylib
libopencv_imgproc.2.4.2.dylib

を加えています.(OpenCV2.4.2の場合)

プログラムを書く場合には,
opencv2/opencv.hppをインクルードして,いつもの通りにプログラミングすればOpenCVが使えます!(はずです!)

自分のPCの場合ですが,以上MacにOpenCV2.4.2を入れてXCodeで使う方法でした.

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。